スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てられない!~薔薇と天使と悪魔と彼氏~

捨てられない!~薔薇と天使と悪魔と彼氏~

芽李ちゃんの初依頼なの!

恋人さんが出来たんだけど、腐女子なのでそれが恋人にバレるのが怖くて、悪夢に陥ってしまったお姉さんを助けるなのね!

「うん! 芽李ちゃんもBL漫画大好きだから、昌子さんの為にも一杯頑張るよ!」
 そんな彼に、水澤・芽李(はお嬢様に憧れる・b45823)が微妙にずれた返事をする。


特にBL大好きとはプレに描かなかったけど、これで腐女子キャラ決定だって背後がー。芽李ちゃん頑張るよー!

お姉さんの悪夢の中では、お姉さんが昔描いたボーイズラブの物語が展開されていて、その美形のお兄さん2人が襲い掛かってくるのね。

その美形なお兄さんは悪魔と天使で、愛し合っているなのね。だから、天使のルイが倒された時、悪魔のロベールが物凄い勢いで襲い掛かってきたなの。芽李ちゃんはギンギンパワーで回復で後方支援をしていたんだけど、それもだんだん尽きてきたなのね。

芽李は彼への治癒が既に追いつかないと知ると、水刃手裏剣を放ちロベールの脇腹を切り裂いた。

攻撃アビリティ持っていってよかったの。皆で頑張って攻撃したから、ついに二人を倒すことが出来たなのね。

でもって、問題はどうするか。おねーさんに自信をつけさせてあげないといけないなのね。

昌子さんという人は世界に一人しかいないの! 自分を偽り続けてはいけないと思うよ。それに、昌子さんの趣味を知ったからってふってしまう様な彼氏となんて、一緒にいても本当に幸せにはなれないと思うの!」
 嘘を付いたり飾ったりして、自分を別の者にする必要などないと、芽李も声を大にする。


おねーさんの趣味を知ったからって嫌ってしまうような恋人じゃ、長く続かないなの。おねーさんをそのまま受け入れてもらえれば、きっと本当に愛し合うことが出来るとそう思ったなのね。皆で元気付けて、おねーさんも自信を取り戻し、夢の中のあの美形のおにーさんも本当に愛し合うことが出来るようになったなのね。

芽李ちゃんにも、いつか愛する人が、出来るかなあ?




担当:大神鷹緒MS
冒険結果:成功
入手アイテム:PLのPC故障によりメール消去された為、入手アイテム不明。
スポンサーサイト

夜に飛び交う葉っぱの舞

夜に飛び交う葉っぱの舞

どうしてこんな人が現れたのか・・・股間に葉っぱをつけた変なゴーストが出たらしい

僕は何でかわからないけど、とても対抗心メラメラやつだけは放っておいてはいけないと、もの凄く思ったのだ・・・でもって、今回はアキシロも一緒だったので、僕が囮役をやることにした。囮を進んでやったのは、背後が楽しやっぱり前線タイプな僕が一番いいかな、と思ったから。

> ベンチに腰掛け、携帯メールへ夢中になっている風見・玲樹(の弱点は虫・b00256)へ通りすがりが声をかけた。
「夜、こんなところに一人では危ないですよ」
「……うん」
「私みたいなのが出ますからね」
「……うん……え?」
 携帯電話のメールを打つ手が止まる。
 振り向くと、そこには……。
 全裸で、大事な場所を葉っぱで隠しているだけという変態がいた。


いざ、別の人(?)がやっているのを見ると、なかなかインパクトだ。僕は囮なんだけど、皆は背後に隠れててもらって、一斉に攻撃開始皆、脱がされまいとなかなか必死で攻撃をする。

「葉っぱで人を襲うなんて許せないね! やるなら葉っぱで人々を楽しませるべきさ。さあ、貴方みたいな迷惑なゴーストは、僕がおしおきするからねっ!」
 闘争心を掻き立てる武器の構えを解いた玲樹は、葉っぱゴースト達の前へ出ると、黒燐蟲を呼び集め、その塊をゴーストに向けて解き放った。


しかし、この脱がされてたまるか、の思いが逆にこの戦いの仇となってしまったらしい。ゴーストは倒せずに撤退することになるんだけど・・・それにしても、物凄いHPだったのね、このゴースト。まあ、それでも皆の命の方が大事だもの、体勢を立て直してまたリベンジしないとね。僕も再度このゴーストに合って今度は決着をつけたい

必死に絶えるのみだが……そこへ、地縛霊の股間から飛び出る葉っぱが、彼らを包み込んだ。
 鋭利な刃のように切れ味のよい幾枚もの葉が、服を切り刻んでいく。
「きゃー、葉っぱだけになったー!」
「うわー! 寒い!」
 玲樹の漆黒のゴシック服が切り裂かれ、真っ裸に。


悲惨な状況なのに、あまり悲惨そうに見えないのはなぜだろう

ゴーストは逃がしてしまい僕は重傷。でも、次に合ったときは、今度は負けないよ?




担当:えりあすMS
冒険結果:失敗
入手アイテム:PLのPC故障によりメール消去された為、入手アイテム不明。

防衛か特攻か! 秘密じゃない基地大決戦!

防衛か特攻か! 秘密じゃない基地大決戦!

リーフボックスのメンバーで参加した、秘密基地を作って皆でゲームをするイベシナ

簡単な材料で基地を作り、その基地を防衛しつつ、それぞれのチームの旗を奪うというルール。僕はチームの旗係を務めることにした。その名も「風雲玲樹城」!

風雲玲樹城の旗係は玲樹だ。ティアラ風兜を被ったプリンセスレイジュとして、木の上へ逃亡。

木の上に上がったらいけないみたいなので、この後叱られる。プリンセスレイジュという名前、色々懐かしい名前でもあるんだけど、それはまた別のお話。

でも、旗はあっさりと持ってかれてしまう。ま、お姫様役が出来たらいいかな?セリフがまったくないのは、この大人数の中仕方がないか




担当:鏑木凛MS
冒険結果:成功!
入手アイテム:PLのPC故障によりメール消去された為、入手アイテム不明。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

≪町外れの古屋敷≫ハロウィーンは廃墟で

≪町外れの古屋敷≫ハロウィーンは廃墟で

古屋敷の結社シナリオ第二段

ハロウィンを廃墟でやっちゃおう、というシナリオだよ!

それぞれ、仮装をして(仮装はリプ公開までお互いに秘密にしていた)登場。オーソドックスな狼や魔女もあれば、魔女っ子に女装まで・・・僕は当然ドラキュラ伯爵だよvこれしかないよ

「諸君。我が館へようこそ。存分に楽しんでくれたまえ。この吸血鬼レイジュ、諸君に最高のもてなしをする事を約束しよう」
 叩き開くように扉を開けた風見・玲樹(の弱点は虫・b00256)は、襟を立てたマントをはおった吸血鬼伯爵姿。その手には南瓜のマフィンが乗ったトレーを持っている。


ま、実際には僕の屋敷じゃないんだけど、雰囲気で。てか、不法侵入だというのはここだけの話・・・
このあと、おやつを食べながらのハロウィンパーティー。でも、ハロウィンにはイタズラが付き物で・・・僕は皆に、泡スプレーを発射しまくり

スプレーは非情にもシャボンの泡を発射する。
 だが、その泡は香夜を襲う前に紅茶のトレイに遮られた。
「どういうつもりかなアキシロ」
「……悪戯もほどほどになさってくださいね」
「うんそっかわかった」
 玲樹が、気味の悪いくらい素直にスプレーをしまう。
「わかっていただければ……ってあの?」
 代わりに出てきたのは、塗装用のカラースプレー。長い付き合いからその後の展開を察知したアキシロが逃げ出す。侍女たるもの慌ててもスカートは乱さず。
「あ、待てー!」


女装したアキシロこそ、イタズラの的にしてみたい!長い付き合いとい一文は、MSさんがちゃんと設定を見てくれたんだと思う。そのあと、アキシロは見事に罠の落とし穴へ。カラシ入りのクッキーも、別の人へ食らわしたし、イタズラは大成功。やったね

さらに、それぞれの一芸を披露。僕は料理をすでに披露しているので、音楽を奏でたり、きり絵をしたり。盛り上がったね

そして、物語は後半の戦闘シーンへ。

皆が着替え終える頃には日が暮れた。
 亡者たちの時間がやってきた。
「準備はいいかな」
 さっきとは全く違う、真剣な顔で玲樹が言う。


詠唱銀を振りかけて、現れたのはジャックオーランタンの姿をした地縛霊と蝙蝠4対。普通の蝙蝠ではなくて妖獣だから、油断は出来ないね。
しかし、このゴースト、お菓子に反応するみたい。あげれば別のところへ行ってくれるみたいだから、事前に用意しておいたお菓子を戦闘でも使ったよ。

蝙蝠は何とか倒して、ジャックも皆で畳み掛けた。次は楽しいジャックオーランタンとして生まれてきてほしいな!

片付けも終わり、そろそろ帰る時間。でも、まだまだハロウィンは続きそうだね






担当:寺田海月MS
冒険結果:成功!
入手アイテム:PLのPC故障によりメール消去された為、入手アイテム不明。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

≪リーフボックス≫おいでませ鳳仙花の湯

≪リーフボックス≫おいでませ鳳仙花の湯

結社・リーフボックスで出かけた温泉依頼!山奥に誰も知らない温泉があるっていうので、皆で出かける事にしたんだ

まず、その温泉に入る前にやらなければならないことがある。その山には、サラリーマンの地縛霊が出るんだって。この山で自殺でもしたのか・・・会社が嫌みたいなんだけど、そのゴーストから発せられるせつないセリフが、何だか哀愁を誘う・・・可愛そうなゴーストさんは、早く苦しみから解放してあげないとね!

戦いの中、どさくさに紛れて僕にメンバーのアビリティが炸裂しようになったりするだけど、まさか、僕の事狙ってたりしないよ・・・ね?

わめく霊のナイフをかわしながら玲樹が話し掛ける。
「こんな寂しい場所で最期を迎えたんだね。次はもっと楽しい人生を送るんだよ、そうでないと僕らが貴方を倒す意味がないからね!」


皆で力を合わせて、サラリーマンの地縛霊は倒したよ。何だか、倒すのも可愛そうになるゴーストだったな・・・

ゴーストを無事に倒したら、本命の温泉へ!しかし・・・!

「汗かいた後の温泉は気持ちいいはずさ、行こう! ……うっ」
 先頭を切る玲樹が、がくりと膝をつく。
「怪我でもしたんですか」
「何で……」
 脱衣所を指差し叫ぶ。
「何で混浴じゃないのー!」


温泉といえば混浴じゃないの!?僕はそれが楽しみで来たのに酷い!しかし!

「誰か僕を呼んだかな!」
 混浴であるらしい事を察した玲樹が入ってきた。
「やっぱりこうじゃないとね!」
 爽やかな笑顔で登場と思ってるのは無論本人だけで、実際は下心満載のにやけ顔だ。


入り口こそ男女別々になっているんだけど、中ではつながっている為、結局ここは混浴なのだvそれを知ったら、急にるんるん気分になってきちゃう

「違うって! 全員水着……なんのこの湯煙の中、我が心眼で水着なぞ消してみせる」
「妄想を声に出すな」
「え、僕、口に出してた?」 
「れーじゅさんは一メートル以内立ち入り禁止です」


何だか皆が僕をマークしているのは・・・なぜだ、僕は最初から覗きをすると思われているのかー!?

「裸の付き合い、とか言うじゃん? さあ、女の子達よ、僕が背中を流してあげようじゃないか! 恥ずかしがる事は……」
 今にも女子達に向かっていこうとする彼に。
「私の目の黒いうちはレディ達に不埒なマネはさせない……! この剣にかけて!」
「おいたは駄目ですよ、玲樹さん……?」


僕はただ、皆の役に立とうと思っただけなのにー!すこーんと、手桶と岩が僕の頭に。って岩!?怪我をして鼻血が(実際は興奮の余り鼻血)

「あ、皆上がった? おやつ食べようよ、手作りだよ」
 玲樹が差し出す。


戦闘の時より銭湯のダメージの方が大きいような気がしないでもないけど、皆に手作りのお菓子を楽しんでもらい、温泉から帰るのでした

--------------------------------------------------------------------------------

担当:八雲秋MS
冒険結果:成功!
入手アイテム:PLのPC故障によりメール消去された為、入手アイテム不明。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

kumamimi

Author:kumamimi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。