スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flower Festival~花祭りに込められた願い

Flower Festival~花祭りに込められた願い

「流星漆黒団」の皆と、花祭りにいってきたよ

楽しいお祭り、屋台が出ているので、皆で食い倒れ対決をしよう、ということになった。僕もたこやきを沢山、朝食まで抜いて食べていたのだけど!

>物凄い勢いで誰よりもたこ焼きを消費していた玲樹は勝利を確信して……倒れた。
 今日の為に朝ご飯抜いてきたのに、まだ沢山食べられる筈なのに、
 なんでワサビが入ってるんだーー!……と。


ワサビを入れるなんて反則技だー!でも、口が痺れて何も出来ない・・・からいのが回復したら、また遊びにいくけどね




担当:御剣鋼MS
冒険結果:成功!
入手アイテム:口紅

MSアイテム:

名称      :涙のたこ焼き
種別      :アクセサリー(大事なもの)
分類      :ソウルフード (心の拠り所となる食品であり、足りなくなると補充しています。最早、体の一部?)
設定      :何故か涙の味がするたこ焼き。どことなくツーンとするのは、きっとワサビのせい。
レベル     :0
修正値     :0/0/0
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

狂鬼動乱~臭鬼との戦い

狂鬼動乱~臭鬼との戦い

大きな戦争になってしまった、狂鬼戦争。メガリスを利用した儀式によって発生した地縛霊『鬼』が大量に発生し、皆はそれぞれの場所へ向かった。僕もその鬼の一人、臭鬼を退治しに、アキシロを連れて向かう。便器に鬼と蛇が出てくるなんて、どことなくコミカルな感じもするんだけど、戦いは真剣。今回は重傷覚悟で、皆と問題の公衆トイレへ向かったんだ。

鬼と蛇が、男子トイレと女子トイレと別々の場所から出てくるので、班を1つに分けて、担当する事にした。僕は蛇の方。早くに決着がつくと思われたが・・・。

>「大丈夫この先には行かせないよ! 僕がこの前線を守るんだから!」
 愛用の泥棒さんが目の色を変えそうな装飾の大鎌を頭上で回転させてポーズを決める風見・玲樹の歯がキラリと光る。


意気込みは皆、あったはずなんだ。だけど・・・。

>低い位置から一気に鎌首をもたげて迫る牙にかすめられながらも同時に、背中から蜘蛛の足を放って反撃する。
「残念、浅いみたいだね。お互いに」
 焼け付く様な毒の傷みと異形の力の発動で身体が新たな力の行使を拒むのを感じながら苦笑する玲樹。


いきなり僕のところに向かってくる蛇。毒をくらい、痛みの走る体をどうにか動かして反撃をする。

>戦況を分析してアキシロ・スチュワートが洗練された舞を披露すると玲樹の異常は取り除かれ牙に裂かれた傷からの流血も止まる。

こんな時こそ、アキシロの出番さ。毒を回復し、さらに敵へと向かう体勢を立て直す。蛇には圧勝した。だから、この調子で臭鬼の方も、どうにかなると思った。鬼と戦っているもう片方のチームに加勢する為、急いで男子トイレへと急ぐ。

しかし、そこで見たのは、血の海の中、鬼に倒されている皆の姿だった。戦力不足だったのか?僕達は、決断を迫られた。このまま、怪我人をほっといて、戦いを続けるのか。それとも。

「必ず生き残って帰らなければいけないね。誰もが親しい人々や大切な人を苦しめたくないはずだから」
 玲樹が同意を示すと拓海が弾かれたように男子トイレの窓へと走る。


生きて帰る事が、何よりの目標であると思った。僕達は敗北した。僕にとっては、初めての敗北。だけど、生きて帰ればやり直しも出来る。そう信じての撤退・・・。


後日談だけど、この臭鬼・ダダーンは、狂鬼戦争で退治されたんだよね。






担当:九部明MS
冒険結果:成功!
入手アイテム:ノート、白衣、競泳水着、下着、角兜、コミック、魔道書、ナイフ、氷炎絵筆

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

卒業旅行2008~アパラチアの森の中で

卒業旅行2008~アパラチアの森の中で

楽しかった高校生生活最後のイベント、卒業旅行

アキシロと一緒に、アメリカのアパラチア山脈の観光地へいってきたわ。都会よりも田舎ってところかしら?どうせなら外国がいいと思ってね。イギリス方面への旅行はなかったけど、アメリカは自然が凄いと思うの。大きな国ですものね

>「英国の実家とどっちが大きいかしら?」
 風見・莱花(白薔薇の令嬢・b00523)がアキシロ・スチュワート(幽霊屋敷の執事・b01500)を振り返った。クラシカルな英国風の調度だけでなく、空間の広がりそのものが日本とは異質だ。


鉄道王と呼ばれた人のお屋敷があるの。うちもかなりの大きさのお屋敷だけど、どっちが大きいかなんてわからないわね。
アメリカだけど英語なわけだから、買物や観光に苦労する事はなかったわ。アメリカ英語のニュアンスはちょっと違うから、少し戸惑ったこともあるけれど。アメリカの人は、短くしゃべるのが好きみたいね?

>「ね、旅行中は同じ高校のお友達って事なのよ。お友達みたくして欲しいの、いつもの従者なんかじゃなくて。せめて、旅行中はネクタイを取ったらどう?」
 莱花のお願いを聞いてアキシロは黙った。しばし視線をはずし、いつもの執事服からネクタイを外してポケットに仕舞う。


同級生といえども、従者と主人という関係はずっと同じ。たぶん・・・ずっとそうなってしまうと思うの。だけど、せめて誰も見ていないここでは、ただのお友達でいいと思ったの。旅行先まで、そんなことを意識したくはなかったから。以前の、クリスマスの時の様にね?

その後、皆と一緒に料理を作ったの。普段は料理はしないけど、卒業旅行でキャンプするんだもの、皆で一緒に料理するのも、楽しいイベントの1つでしょう?
でも、なれない事はなかなか難しいわね。とても料理のうまい人もいるけど、私は慣れていないからモタモタしちゃってて。それでも、皆で笑いながら料理をする。それだけでも、楽しいものよ。

皆で音楽の演奏をして踊ったり歌ったり。まるで卒業の寄せ書きのように、名前を入れた鳥の巣箱を作って、森の木の枝にかけていったの。私達がこの地へ訪れたこと、記念に残したくてね。数年後、数十年後、もしかしたらまたここに来るかもしれない。その時に、楽しかったこの日の事、思い出すように・・・。

>「4月からは大学で音楽を学ぶことにしたわ。この曲は貴方の為に作ったの」
 たくさんお世話になったわね、と菜花は微笑んだ。卒業しても彼とは一緒にいられるけれど、やはりどこか寂しい。


皆、きっと同じ思いだと思う。卒業は終わりでなく、新たな出発。でも、慣れ親しんだところを離れるのは淋しいわね。沢山の事があったから・・・日本へ戻る時は、ああ、これで高校生も終わりなんだなーって、涙が出そうだったわ。でも、いずれ皆が体験すること。淋しいのは、私だけじゃないって思えば・・・

4月からは大学生。アキシロも一緒だし、それに能力者として、これからも銀誓館に所属することになるのだから、ここでヘコんでないで、もっと前を向かなきゃね?




担当:水上ケイMS
冒険結果:成功!
入手アイテム:インカム、魔道書、スラッシュギター、声楽杖、青龍刀

MSアイテム:

名称      :アキシロへ贈るメロディ
種別      :アクセサリー(大事なもの)
分類      :ノート (何枚もの紙を束ねて、ノリや金具などで綴り合わせたものです。)
設定      :莱花がアキシロの為に作曲したピアノの楽譜。ゆったりとした女性らしいメロディ
レベル     :0
修正値     :0/0/0

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

どこか古くて新しい

どこか古くて新しい

クリスマスの日、ちょっと面白い教室を見つけたの。暗幕で仕切って作られた不思議な空間で、それ以外には何もないのだけど、誰かとゆっくり語らうにはちょうどいいかもしれない。そう思って、アキシロを誘ってみる事にしたわ

アキシロがヨモギ餅が好きだと聞いたから、一生懸命に作ったの。いつもだったら、そんなことは出来ないわ、主人と従者は一緒に食事をする事なんて出来ないもの。でも、こんなイベントの時はいいと思うの。

>「私はお返しがしたかったの。与えられるばかりは嫌なのよ」
「……そうですか。それでは、本日は緑茶に致しましょうか」


感謝の気持ちは心でも伝わるというけれど、いつも心だけで感じているというわけにはいかないと、そう思ったの。私、将来どうなるかわからないけど、お礼をしたいから・・・今はそれだけなのよ




担当:唯代あざのMS
冒険結果:成功!
入手アイテム:長槍

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

kumamimi

Author:kumamimi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。